プレビコックスが自宅に居ながら格安で手に入ります

 

愛犬もシニアになってくると、足腰が弱くなってしまいます。
散歩に連れて行くと、歩くリズムがいつもと違ったり、足がふらついたりします。

 

以前は散歩に行く素振りをみせるとそれだけでハイテンションになっていた愛犬が動くのもしんどいといった様子を見せるようになります。

 

動くのもおっくうになるのと同時に、食も細くなってしまい、このままでは大事になると判断して、病院で診てもらうケースも多いです。

 

原因の多くは老化による関節炎で、痛みが原因で歩けなくなっているだけなので、プレビコックスなどの痛み止めを処方してもらうと、以前のように歩けるようになります。歩けるようになるのと同時に、食欲も戻り、以前のようにちゃんと食べてくれます。

 

膝の負担を減らすためにも少しやせた方がいいのかもしれませんが、もうシニアなのでそこは本人のすきなようにさせた方がいいのかもしれません。

 

本人が動くのをおっくうにしているときにプレビコックスを飲ませればいいので、それはそれでかまわないのですが、病院で処方してもらう量だと少々心許ないです。

 

祝祭日にプレビコックスが切れた場合、愛犬が痛みを訴えても、こちらとしては病院が開いていないので、どうにも対処ができません。痛がっている愛犬をそのまま放置するのは飼主としてどうかとは思うのですが、病院が開いていないとどうにもこうにもいきません。

 

こういうときに思うのが、薬箱に常備薬としてロキソニンを入れているように、愛犬にもプレビコックスを常備薬にできないものかということです。

 

プレビコックスは動物の医薬品のため、基本的には動物病院で処方してもらうしかないのですが、個人輸入という形でならプレビコックスを通販で購入することができます。

 

プレビコックスの購入にあたっては処方せんは必要ありません。
個人輸入と聞くと、難しそうなイメージがありますが、面倒な手続きを代行してくれるこちらのサイトから購入すれば、ネット通販感覚で自宅に居ながらプレビコックスを購入できます。

 

そのサイトがこちらです。

 

 

 

プレビコックスの海外版ですが、錠剤は病院のものと同じものなので、与える量も変わりません。

 

今までと同じように与えれば大丈夫です。
体重による薬の量は販売ページに記載されているので、購入前に確認することもできます。

 

30錠単位で購入できるので、病院に何度も通うよりも全然楽です。
3箱購入すれば、さらに安心できます。

 

値段も病院の値段よりも大幅に安いです。
ほとんどの人が病院の半額以下の値段で購入できます。

 

プレビコックスに限りませんが、動物の薬は体重に比例して高くなります。ゴールデンなどの大型犬を飼っている人ほど、恩恵は大きいです。大型犬が動けなくなると、その介護で飼主の腰に大きな負担がかかります。

 

薬を飲ませて、愛犬がちゃんと動ける状態に保つことは愛犬のQOLだけでなく、飼主のためにもなります。

 

商品が海外から届くことになるので、国内の通販に比べればちょっと届くのに時間がかかります。とはいっても航空便で届くので早いとだいたい1週間ほどで届きます。

 

動物病院の往復の時間や病院の薬の値段、薬をある程度の量ストックできることを考えると、プレビコックスの通販はメリットが非常に多いです。